スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * top↑ * [Edit]

流産と診断されるまで 
1.胎嚢の確認
妊娠4週くらいになると、経膣超音波検査で胎嚢(赤ちゃんが入っている袋)が確認できるようになります。この胎嚢が見えなかったり、週数の割に小さい、歪んで見えるなどの場合は流産や子宮外妊娠の疑いがあります。
しかし、排卵の遅れなどが原因で、週数にズレがあることもあるので、数日中には見えるようになることもあります。

2.胎芽の確認
妊娠7週までの赤ちゃんは胎芽と呼ばれます。
5?6週頃には胎嚢の中に見えるようになり、7週頃には心拍も確認できるようになることもあります。
胎嚢が確認できてから2週間半経っても、胎芽が確認できない場合、流産が疑われます。

3.心拍の確認
胎嚢も胎芽も確認できたのに、心拍が確認できない場合、流産が疑われます。

流産の診断は、いずれも、週数のズレなどによって確認できる時期が遅れることがあるので、最終月経や基礎体温などと合わせて慎重に行われます。数日後に再検査することで、確認できるようになることもあります。また、心拍が確認された後でも、流産にいたる場合もあります。
流産について * Com(0) * Tb(-) * top↑ * [Edit]

流産の種類 
●切迫流産
赤ちゃんは子宮の中で生きているが、出血や下腹部痛がある。

●稽留流産
特に自覚症状はないのに、赤ちゃんがすでにお腹の中で死亡している。

●進行流産
子宮口が開いて流産が始まっている状態。下腹部痛や出血があることも。

●不全流産
赤ちゃんや胎盤などが一部残っている状態。子宮口が開いたままなので、出血や腹痛が続く。

●完全流産
赤ちゃんも胎盤などの付属物も完全に子宮の外へ出てしまった状態。

※胞状奇胎
赤ちゃんを包む卵膜や胎盤を作る絨毛が異常に増殖し、水泡状のブドウのような粒になって子宮内に充満してしまうこと。

※子宮外妊娠
受精卵が子宮内膜以外のところ(卵管・卵巣・腹腔・子宮頚部など)に着床してしまうこと。
流産について * Com(0) * Tb(-) * top↑ * [Edit]

流産の原因(早期) 
●胎児にある場合
受精卵や絨毛の染色体の異常、多胎妊娠

●母親にある場合
子宮の異常、卵巣機能の異常、内分泌疾患、感染症、自己免疫疾患、染色体異常

●父親にある場合
染色体異常、精子の異常

●夫婦間にある場合
免疫異常(HLA適合性)、血液型不適合

●原因不明
※早期流産の原因の多くは、胎児側の染色体異常によるものです。これは、夫婦のどちらかに問題があるわけではなく、卵子、精子自身の異常や、受精の過程での異常、受精してからの細胞分裂の過程での異常によるものです。
流産について * Com(0) * Tb(-) * top↑ * [Edit]
プロフィール

みぷー

Author:みぷー
生年月日:1974年5月24日
出身:高知県
現住所:埼玉県
家族構成:夫・長男(04.2.7生)
好きな芸能人:藤井フミヤ
好きな食べ物:唐揚・エビフライ

ご訪問ありがとう
更新しました
カテゴリー
ランキング&検索&同盟
よかったらクリックしてくださいね。

banner banner banner banner banner banner

ブロとも申請フォーム
ママへのアンケート
流産・不妊・不育を乗り越えてママになった方々へのアンケートです。参考にさせて下さい。ご協力よろしくお願いします。

banner

掲示板
ひとことどうぞ♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のできごと
親バカ育児日記です。

banner

パス制ですので、ご覧になりたい方はメールにてご連絡ください。
管理人用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。