スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * top↑ * [Edit]

不育症の原因 
●染色体異常
胎児側の染色体異常の多くは、夫婦のどちらかに問題があるわけではなく、卵子、精子自身の異常や、受精の過程での異常、受精してからの細胞分裂の過程での異常によるものです。

●子宮の異常
子宮の形が悪かったり、筋腫やポリープ、癒着があったりすると、受精卵が着床しにくくなります。
子宮頚管無力症は、子宮頚部の筋肉の力が弱いために、妊娠中に突然破水したり、子宮口が開いて流・早産をしたりします。

●黄体機能不全
基礎体温の高温期が短く、子宮内膜が薄いので着床しにくくなります。着床しても、胎児に必要な栄養素が十分に摂取できないことがあります。

●高プロラクチン血症
母乳を出すためのホルモンであるプロラクチンが、普段から多い状態。脳下垂体に腫瘍があると多く分泌されることもあります。

●免疫異常
抗リン脂質抗体・・・胎盤の中に血栓ができて、胎児に血液が行き届かなくなります。
自己免疫異常・・・胎児を異物として認識してしまい、免疫機能が働いてしまいます。

●原因不明

不育症については、まだまだわからないことが多くて、医師によって見解が違うことも少なくありません。
原因がはっきりわからないままでも、その後、無事に出産された方はたくさんいらっしゃいます。
スポンサーサイト
原因と検査・治療 * Com(0) * Tb(-) * top↑ * [Edit]

検査 
子宮卵管造影検査→低温期
 わかること・・・子宮や子宮頚管の異常
 検査法・・・子宮と卵管に造影剤を注入し、レントゲン撮影をする

子宮鏡検査→低温期
 わかること・・・子宮や子宮頚管の異常
 検査法・・・膣から内視鏡を入れて、子宮の中の様子を見る

ホルモン検査(血液検査)
 高温期→黄体ホルモン(プロゲステロン)・・・黄体機能不全
 低温期→乳分泌ホルモン(プロラクチン)・・・ 高プロラクチン血症
 いつでも→甲状腺ホルモン・・・甲状腺機能低下症 甲状腺機能亢進症

自己抗体検査(血液検査)→いつでも
 抗核抗体・・・自己免疫異常
 抗リン脂質抗体・・・血栓を作りやすいかどうか

染色体検査
 夫・妻・・・染色体の異常(血液検査)→いつでも
 流産した胎児や絨毛組織・・・胎児や絨毛組織の染色体異常→流産直後

※検査内容については、病院や医師によって違うこともあります。
※保険適用の検査もあれば適用外のものもあるので、費用について気になる時は病院で相談してみたほうがいいと思います。
原因と検査・治療 * Com(0) * Tb(-) * top↑ * [Edit]

治療 
子宮奇形・子宮内腔の癒着など→手術、子宮鏡下手術

子宮頚管無力症→妊娠したら早めに縫縮術を行う

黄体機能不全→黄体ホルモン補充(内服薬or注射)

高プロラクチン血症→プロラクチンの分泌を抑える薬を服用・脳下垂体に異常があれば、脳外科での治療

甲状腺機能低下→甲状腺ホルモンの服用

甲状腺機能亢進症→攻甲状腺剤の服用

自己免疫異常(抗リン脂質抗体)→ヘパリンやアスピリン、ステロイドなどを服用or注射・点滴

染色体の異常→治療することはできないが、正常に赤ちゃんを産む事ができる可能性がある

原因不明→リンパ球療法、漢方薬の服用など

※治療内容については、病院や医師によって違うこともあります。わからないことは担当医師によく相談することが
一番大事だと思います。
原因と検査・治療 * Com(0) * Tb(-) * top↑ * [Edit]
プロフィール

みぷー

Author:みぷー
生年月日:1974年5月24日
出身:高知県
現住所:埼玉県
家族構成:夫・長男(04.2.7生)
好きな芸能人:藤井フミヤ
好きな食べ物:唐揚・エビフライ

ご訪問ありがとう
更新しました
カテゴリー
ランキング&検索&同盟
よかったらクリックしてくださいね。

banner banner banner banner banner banner

ブロとも申請フォーム
ママへのアンケート
流産・不妊・不育を乗り越えてママになった方々へのアンケートです。参考にさせて下さい。ご協力よろしくお願いします。

banner

掲示板
ひとことどうぞ♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日のできごと
親バカ育児日記です。

banner

パス制ですので、ご覧になりたい方はメールにてご連絡ください。
管理人用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。